肥満治療にキムチは効果的か、高血圧で終了か

肥満治療は、食事が欧米化している現代の日本にとって、時に大きな壁となります。生活習慣病やメタボリックシンドロームといった言葉が知名度を増し、日増しにその有用性や必要性が叫ばれるようになってきました。肥満は高血圧や糖尿病、脂質異常症といった疾患を引き起こし、健康で長生きすることを妨げる最大の要因となりえます。肥満治療の第一であるダイエットの方法についてもさまざまなものが考案され、人々を魅了し続けています。結果、日本の医療は技術の高さも影響して平均寿命世界一の座を維持しているわけですが、これらの肥満治療において重要なところはどのようなところでしょうか。多くの人がこの答えに、「食事」を挙げると考えられますが、実際のところ、毎日変わる食事をコントロールし続けるのは容易ではありません。その中で言えば、グリーンスムージーを使ったダイエットやリンゴダイエットなどは、食事の中で注目するべき食材を決めて、それを一日の中で必ず取り入れるといったルールで制限を行うため、割合実行しやすいものだと言えるかもしれません。お隣の国韓国も、平均寿命は80歳を超え、日本に肩を並べようかというほどの平均寿命の長さを誇っていますが、韓国と言えばキムチ。キムチはダイエットにとって敵か味方か、考えてみることにします。まずキムチの内容についてですが、白菜で作る一般的なものの他、オイキムチやカクテキなども含めて基本的には野菜ですので、カロリーを気にする必要はあまりないと考えられます。影響するとすればやはり高血圧でしょう。塩分が高めなので、高血圧に注意しつつ、食卓の彩りの一つとして活用していくことが、キムチとの一番うまい付き合い方なのかもしれません。

ページトップへ