肥満治療には紅茶とガムがおすすめ

肥満治療では、摂取カロリーを抑えて脂肪をより多く燃焼させることが重要です。紅茶はその成分から肥満治療に役立ちます。紅茶に含まれているポリフェノールは、脂肪球吸収を抑制する効果があり、カフェインは脂肪を優先的に消費しる作用を持っています。また紅茶には体を温める効果あるため、体温が上昇することで代謝がアップするため、脂肪が燃えやすくなります。紅茶は、食事中や食後に飲むことで、消化される前にポリフェノールが作用して脂肪として溜め込まれません。また有酸素運動を行う40分~50分の間で紅茶を飲むと、事前に紅茶の働きで脂肪が分解されているので、運動による脂肪燃焼の効率が良くなります。次に、肥満治療では規則正しい食生活が必要で、間食するのは好ましくありません。もし甘い物を食べたくなったら、ガムを噛むと良いです。ガムを噛むとたくさんの唾液が分泌され、満腹感を得られます。また良く噛むことは脳の満腹中枢を刺激します。昼食や夕食の1時間程度前から噛み始めると、食事による食べ過ぎを防ぎます。ガムを噛むと精神を安定させるので、ダイエット中のイライラが減ります。ガムの多くはキシリトールが配合されていますが、キシリトールには虫歯を防ぐだけでなく、食欲を低下させる効果があります。現代の日本人は柔らかいお米を食べるため、顎が発達していません。その分顎の周りに余計な脂肪が付きやすいです。ガムを噛むと顎の筋肉をしっかりと使うので、小顔効果も期待できます。一粒が3キロカロリー程度なので、カロリーを気にしなくて良いです。ただしガムは食べ過ぎると人によっては、キシリトールの影響でお腹が緩くなることがあるため、自分に適した量を守ります。

ページトップへ